瑞生(みづき)助産院 千葉県市原市北国分寺台2-3-15

お知らせ

産後五日間で母乳育児が確立できる理由

お知らせ
2018.05.13

「赤ちゃんは生まれて三日間は自分が生きるためのお弁当と水筒を持って生まれてくる」ということを知っていますか。または聞いたことがありますか。

お母さんから出る初乳は三日間かからないと出てこないからです。初乳は出てこないけどその代わりに透明の液体は出てきます。つまり脱水にならないための水分です。しかしカロリーはありません。赤ちゃんは、飲んでも飲んでも泣きます。泣く理由があるからです。赤ちゃんの胃の中、肺の中は羊水で満たされていたためにしっかり泣いて肺の運動をし、空腹によって胃の中もすっかり空っぽにしなければならないからです。生まれて二日目の赤ちゃんは最大の苦難の日だと思います。空腹というのを通り超してまさに飢餓状態におちいるときに初乳がやっと出てくるのです。一滴の初乳であってもその濃厚な味は「これぞ自分が生きていくためのオッパイだ!!」と必死になって吸いつくのではないでしょうか。

ミルクの力を借りなければ赤ちゃんを育てられないと思っているのは人間だけですから。

 

外観